教育・学生生活
Education & Campus Life

教育課程

特長的なカリキュラム

国際教養学部では、世界を舞台にした文理混合の課題解決型教育を実践します。入学後、教員の指導とSULAのサポートを受けながら、以下の科目群の主体的な履修を通じて、課題の発見・分析・解決の能力および発信力を体系的に獲得していきます。

カリキュラム 図

普遍教育科目

全学の共通教育科目であり、学問の基礎について広く学んでいきます。

俯瞰科目
全科目必修

人文社会科学・自然科学・生命科学の学問領域を混合し、分野を越えた俯瞰力を身に付けます。

スキル形成科目

専門的な語学や研究手法など、課題解決能力や発信力の基礎となるスキルを修得します。

フィールド科目

「現場で学ぶ、現場を学ぶ」をコンセプトとして、国内外における現場体験を通じ、課題発見・解決能力を身に付けます。

ワールド科目

「世界で学ぶ、世界を学ぶ」をコンセプトとして、海外協定校等とのプログラムを通じ、課題発見・解決能力を身に付けます。

グローバルスタディーズ
メジャー科目

日本の技術、文化、社会の課題を理解し、それをもとにグローバルな課題の分析につなげる知識を修得します。

現代日本学
メジャー科目

日本の技術、文化、社会の課題を理解し、それをもとにグローバルな課題の分析につなげる知識を修得します。

現代日本学
メジャー科目

諸科学の基礎を理解し、その中から解決すべき課題への新たなアプローチ方法の発見を目指します。

メジャー
プロジェクト科目

課題解決に向け、グループワーク・ディスカッションを重ねながら自らのプロジェクトを選択し、複数教員の指導のもと、卒業制作、卒業研究、卒業論文という形でプロジェクトを完成させます。

入学から卒業までの履修の流れ

入学から卒業までの履修の流れ イメージ

入学から卒業までの履修の流れ

  • 卒業までに124単位を修得します。合わせて、1回以上の海外留学が必須です。
  • 3年次で1つのメジャーを選択しますが、選択したメジャー以外の科目も横断的に履修します。
  • 授業科目のナンバリング・早期卒業制度・履修登録上限制度(CAP制)を導入します。
  • 6ターム制(1年を6つの期間に分ける)により授業を実施します。
  • 教育職員免許の取得はできません。

卒業後の進路 ~さまざまな場所で活躍できる人材づくり~

国際教養学部の目的はグローバル人材の育成にありますが、卒業後の進路は海外だけを念頭に置いているわけではありません。地域の中にもグローバルな課題はありますし、この学部で身につく、課題を発見し解決していく能力は、どんな場所でも活かすことができるでしょう。具体的には、企業や自治体の国際部門、企画部門などが考えられます。また、工学デザインの演習も行うので、デザイン・シンキングを身につけ、IT系のデザイナー、エンターテインメントやアートのプロデューサーとしての活躍も期待できます。新設学部なので大学院はありませんが、学部で見つけたテーマに沿った大学院に進んで専門性を深めれば、国際公務員やNGOの職員への道も開けるでしょう。

▲ PAGE TOP