教員一覧
Faculty

串田 正人

教員名 Teaching Staff
串田 正人
最終学歴 Last Academic Qualification
  • 1985年3月 千葉大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了
  • 1997年5 博士(工学) 取得 東京工業大学
専門分野 Research Areas
電気物性工学、分子エレクトロニクス、有機ナノ界面化学
現在行っている研究 Current Research
  • 水素燃料電池の開発
  • 有機超薄膜の電気物性に関する研究
  • 再生医療工学へ応用可能な高分子ナノファイバー複合材料の開発
  • 近接場光を用いたプローブ顕微鏡の開発
  • カーボンナノチュー複合材料の開発
担当科目 Current Teaching
  • 国際教養学部
    • 研究方法論Ⅱ
    • 境界科学論
    • クロス・メジャー・プロジェクトワークⅠ
    • クロス・メジャー・プロジェクトワークⅡ
    • メジャープロジェクトⅠ
    • メジャープロジェクトⅡ
    • 自然科学基礎
  • 工学部
    • 基礎化学A
    • 化学基礎実験
    • 共生応用化学実験、共生応用化学セミナー
    • セミナーI
    • セミナーII
    • 卒業研究
  • 工学研究科
    • 生物材料科学
    • バイオプロセス化学特論
    • 特別演習I
    • 特別演習II
    • 特別研究I
    • 特別研究II
発表論文等 Published Papers, etc.
  • T. Sato, K. Nakamura, S. Takagiwa, M. Kushida, Controlling the morphology of Vertically-aligned carbon nanotubes using Langmuir-Blodgett deposited CoFe2O4, Fe3O4, and Fe nanoparticles with palmitic acid, to be published in Thin Solid Films.
  • K. Nakamura, N. Kuriyama, S. Takagiwa, M. Kushida, Film fabrication of Fe or Fe3O4 nanoparticles mixed with palmitic acid for Vertically aligned carbon nanotube growth using Langmuir–Blodgett technique, Jpn. J. Appl. Phys. 55(3S2), 03DD06-1 03DD06-7(2016).
  • S. Takagiwa, O. Kanasugi, K. Nakamura, M. Kushida, Synthesis of vertically-aligned carbon nanotubes used Fe nanoparticle Langmuir-Blodgett films on Al2O3/SiO2 substrate, the Journal of Nanoscience and Nanotechnology, 16(1), pp. 1-6(2016).
  • S. Murata, N. Kuriyama, M. Kushida, Density control of aligned carbon nanotubes from controlled deposition of Fe catalyst nanoparticles using the filler-added Langmuir–Blodgett technique, Thin Solid Films, 589, pp. 115-119(2015).
  • N. Kuriyama, A. Takezawa, O. Kanasugi, R. Nara, M. Kushida, Carbon Nanotube Growth from Langmuir-Blodgett Deposited Fe Nanoparticles with Filler Molecules, Jpn. J. Appl. Phys., 53, 02BD08-1 02BD08-5(2014).
▲ PAGE TOP